【ペット初七日数え方と供養方法】ほのかペット火葬

こんにちは、ほのかペット火葬です。

本日は「ペット初七日数え方と供養方法」についてお話します。

 

人が亡くなったときと同様に、ペットでも初七日を行う飼い主もいます。初七日はペットが亡くなってから最初に行う法要で、最近では省略されることも多いようです。今回は、初七日の数え方や具体的に何をすれば良いのかを解説します。 

 

初七日の数え方は、ペットが亡くなった日を一日目として、七日目が初七日になります。仏教では亡くなった日から7日ごとに供養を行うこととされており、四十九日が有名です。 

 

初七日でやることは実は明確には決められていませんが、一般的に行われることについて紹介します。 

 

納骨 

初七日で納骨を行う場合があります。ペットの納骨は火葬後や四十九日、一周忌など飼い主の意向によってタイミングが違いますが、初七日で行う方もいます。納骨はペット霊園や個別のお墓に行われます。 

 

お供え物をする 

ペットのお墓に生前のペットが好きだったフードやお花をお供えします。人のお墓と同じように蝋燭や線香をお供えする方もいます。ペット霊園など、自宅以外に場所を借りてお墓を用意している場合は、お供え物に制限がある場合があります。事前に管理者に問い合わせをおすすめします。 

 

読経 

ペットが眠っている場所で、お経を読んでもらいます。ペット霊園に納骨をした場合は、霊園側で法要をして貰える場合があります。また、自宅にお墓がある場合、自宅でお経を読むサービスもあります。 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。