【〜柴犬〜長生きする方法① 柴犬の歴史をまず知ろう】福岡 ほのかペット火葬 | ほのかペット火葬       【〜柴犬〜長生きする方法① 柴犬の歴史をまず知ろう】福岡 ほのかペット火葬 – ほのかペット火葬

【〜柴犬〜長生きする方法① 柴犬の歴史をまず知ろう】福岡 ほのかペット火葬

2020/Feb/16

【〜柴犬〜長生きする方法① 柴犬の歴史をまず知ろう】

第一章「柴犬の歴史を知ろう」

柴犬と呼ばれる由来には、何個か説があります。

野山に自生する低木の総称が柴であった事、そこが彼らの活動拠点であり、毛色も枯れた柴に似ていたため、柴犬となった。

信州の柴村で多く飼われていた。

古語で小さいものを表す言語だったなどです。

日本犬でただひとつ、地名がついていないのは分布エリアが広いため、地域ごとに地柴が影響していた事と、絶滅回避のために各所の柴犬を交配に用いたなどの所以があります。

柴犬は地域によって、体型や毛色が異なるなど犬種としてはかなりのばらつきがあり、

今現在でも発祥地の名称をつけられた固有の地柴3種と、それ以外が影響しています。

犬のあるべき姿とされるデフォルト値・スタンダードも、いくつかある保存会が独自のスタンダードを定め、キツネ顔かタヌキ顔かで保存会の体系が推測できます。

日本列島においては縄文ご時世早期からイヌが出現し、縄文犬と呼ばれている。

縄文犬は各所の貝塚から出土しており、現在までに200点以上の犬骨が出土している。

縄文犬は猟犬として用いられ、丁重に埋葬された出土時が多々ある。

人の埋葬に伴う出土時もあり、特に女の埋葬に係る呪術的な位置づけであったとする説もある。

縄文犬は縄文早期には体高45センチメートル程度の中型犬で、後に島嶼化を起こして小型化し、縄文中期・後期には体高40センチメートル程度になる。

弥生ご時世には大陸から別体系の弥生犬がもたらされ、縄文犬と形質が異なる。

多くは柴系であるとされ毛色は不明であるが、大ところは額段(ストップ)がごく浅く、大きな歯牙を持つ。

柴犬の熱心な愛好家屋には、ほっそりした筋肉質の体格や軽快で俊敏な動き、野性的な鋭い警戒性、人間との強い信用関連とともに、こういった縄文犬の特質を柴犬に求める人もいる。

ーーーーーーーーーーーーー
著作者:ほのかペット火葬
ーーーーーーーーーーーーー

次回は「腸内環境を整える」です。

どうぞお楽しみに♪

\無料贈呈品のご紹介/
ほのかペット火葬では、家族立会い葬、一任個別葬をご依頼の方には、想い出に残るお手元供養グッズを差し上げております。

 

CATEGORY
PAST ARTICLES