【ペット終活とは】ほのかペット火葬 福岡 

こんにちは、ほのかペット火葬です。

本日は「ペット終活」についてお話しします。

 

ペット終活には2種類の意味があります。 

 

  1. ペットの死に備えて飼い主が準備すること 

ペットが高齢だったり、末期の病気になってしまったりした場合に、どのように死を迎えるのか事前に準備することです。延命治療はどこまでするのか、死んでしまった後にどのように弔うのかなどあらかじめ決めておくことで、いざという時に慌てずに対応することができます。心の準備もできるので、ペットロスで精神的なダメージを軽くすることも可能です。 

 

  1. 飼い主の死に備えてペットの引き取り先などを準備すること 

飼い主が病気や死去などによって、ペットを飼い続けることができなくなったことを想定した準備を行います。家族の一員として過ごしたペットを自分がお世話できなくなった場合の引き取り先を決めておかないと、ペットの命も危険にさらすことになります。また、飼い主の不在や飼育環境の変化によってペットの体調も変化しやすいので注意する必要があります。 

 

ペット終活はいざという時のために準備しておく必要がありますが、なかなか気が進まないと感じてしまうでしょう。

しかし、万が一何かあった時に準備不足で、後で「○○しとけば良かった」と悲しむことを防ぐことができます。

弊社「ほのかペット火葬」では、ペットの訪問火葬サービスを提供していますので、ペット終活で困った際にはお気軽にお問合せしてくださいね。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です