【ペット終活やること 】ほのかペット火葬 福岡

こんにちは、ほのかペット火葬です。

本日は「ペット終活でやること」のご紹介をします。

 

ペット終活でやることは、大きく分けて次の5つです。 

1.治療体制を整える 

ペットが病気になったり体調を崩したりしたときのために、かかりつけ医となる動物病院を決めておきます。

もしものときに迷わないよう、信頼できるところを選びましょう。 

 

2.思い出作りをする 

ペットの写真や記録を一つにまとめ、残りの時間をどのように過ごすのかを決めます。

できるだけペットと一緒に過ごし、思い出を作ってあげてください。 

 

3.介護方法の検討 

ペットが寝たきりになってしまい、自分で歩けなくなってしまったときのために介護方法を決めておきましょう。

施設に入れるという選択肢もありますので、要介護の状態となったときのために情報収集をしておくと良いでしょう。 

 

4.葬儀方法を決める 

飼い主が望む葬儀方法をあらかじめ決めておきます。ペットの葬儀には訪問による火葬やペット霊園へ連れていくなど、様々な選択肢があります。

葬儀方法によって金銭的な負担も変わるため、事前に業者に連絡を取って話を聞いておくことをおすすめします。 

 

5.供養方法を決める 

返骨後の供養方法は、ペット霊園に連れて行ったり、自宅で仏壇を作ったりと色々な供養方法があります。

葬儀のやり方によっては返骨が行われないこともあるため、葬儀の段階で供養方法まで考えておくのがおすすめです。 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です