【猫にかかりやすい病気】ほのかペット火葬 福岡

こんにちは、ほのかペット火葬です。

本日は猫ちゃんのかかりやすい病気についてお話しします。

 

ペットとして猫を飼っていると、病気にかかってしまうことがあります。

いきなり病気になってしまうと慌ててしまいがちですが、猫がかかりやすい病気を事前にしておくことで、冷静な対処ができるかもしれません。

そこで、今回は猫がかかりやすい病気について、ランキング形式で紹介します。 

 

尿路疾患 

猫は尿道の病気になりやすく、病気になった際は血尿や頻尿の症状がみられます。原因ははっきりと分かっておらず、明確の対処法はありません。また、オスの方が尿道が狭いため重症化しやすいことがわかっています。 

 

猫カゼ 

猫も人と同じようにカゼをひき、症状も鼻づまりやくしゃみなど、馴染みのあるものがみられます。原因はウイルスや細菌で、他の猫にも感染する可能性があります。 

 

猫エイズ 

発熱や下痢などの症状がみられ、根本的な治療は難しいとされている病気です。猫エイズにかかっている猫と喧嘩をした際、唾液を媒介として感染します。 

 

猫パルボウイルス感染症 

猫の代表的な感染症で、下痢や嘔吐、発熱などの症状があります。昔は致死性の高い病気でしたが、現在はワクチンの接種で予防が可能です。 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。