【ペット火葬で何日後が適切か?】ほのかペット火葬

こんにちは、ほのかペット火葬です。

本日は「ペット火葬で何日後が適切か?」をお話します。

 

 

ペットが亡くなってしまった後、何日後に火葬をするかで悩まれる方も多いのではないでしょうか。

火葬の日程調整が難しい方もいらっしゃいますので、適切な日付をあらかじめ知っておくことが重要です。

 

今回は、ペット火葬は何日後が適切か解説します。 

 

結論から言うと、ペット火葬までに適切な日数というものはありません。ペット火葬を何日後に行うかは、飼い主の意思によって決めることができます。

人の場合は亡くなってから24時間待つ決まりがありますが、ペットの場合は特に決まりがありません。 

 

ただ、ペットが亡くなってから2日以内に火葬をする方は5割以上というデータがあります。

特に夏場は匂いが発生したり、遺体が傷んでしまったりするリスクがあるため、当日か翌日に火葬を行う方が多いです。

反対に冬場は夏場ほど急がなくても良いため、3日後以降に火葬をする方も多くいらっしゃいます。 

 

ペットが亡くなってしまった後、焦って火葬を行う必要はありませんので安心してください。

悲しい気持ちを整え、落ち着いてから火葬をしてあげても遅くはありません。

ただし、遺体が傷むとさらに悲しい気持ちになってしまう可能性があるため、注意が必要です。状況を冷静に分析した上で火葬を行われることをおすすめします。 

 

 

安置方法など動画でわかりやすく説明しています。

ご覧になられてみてください。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。