【ペットの死亡届について】ほのかペット火葬

こんにちは、ほのかペット火葬です。

本日は「死亡届について 」お話します。

ペットが亡くなった際、人のように死亡届が必要か迷っていませんか?結論から言うと、死亡届が必要なのは、「飼う際に自治体に申請が必要なペット」になります。申請が必要な代表的なペットは犬で、その他は人に危害を加える可能性のある「特定動物」が該当します。特定動物の詳細は、環境省のHPをご覧ください。猫やウサギなどの飼育する際に申請が不必要なペットについては、死亡届を提出する必要はありません。 

 

ペットが亡くなった際は、亡くなった日から30日以内に自治体に死亡届を提出する必要があります。特に犬を飼われていた場合、死亡届を提出しないと狂犬病の予防注射の案内が引き続き届いてしまいます。予防注射を行わなかった場合、狂犬病予防法に抵触し、罰金が発生するためご注意ください。 

 

ペットの死亡届は市役所や町役場で入手することができます。記入の際には「住所、氏名、死亡日、登録番号」が必要となります。また、犬の場合は犬鑑札や狂犬病予防注射済票が必要となるため、準備をしておきましょう。死亡届は昔は紙による提出がメインでしたが、今はインターネットから申請することが可能な自治体も多いです。また、申請書をホームページから事前にダウンロードすることも可能ですので、自宅で記入してから持っていくと手続きを楽にすることができます。 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。