【犬にかかりやすい病気】ほのかペット火葬 福岡

こんにちは、ほのかペット火葬です。

本日は「犬にかかりやすい病気」をお話します。

 

犬も人と同じように、ときには病気になってしまうことがあります。

病気は突然かかってしまうものですが、かかりやすい病気を把握しておくと冷静に対処ができるようになります。

そこで、今回は犬の病気についてランキング形式で解説します。 

 

皮膚炎 

犬が一番かかりやすい病気は皮膚炎と言われており、皮膚のべたつきが発生するなど症状がでます。原因は細菌からストレスまで多岐に渡り、デリケートな犬の肌は皮膚に関する病気にかかりやすいです。 

 

外耳炎 

外耳炎は耳の穴の中で炎症がおきてしまう病気です。原因は寄生虫や細菌など多くの要素があり、発症しやすく治りにくい特徴があります。 

 

下痢 

犬は下痢を起こしやすく、下痢をした際は何らかの病気のサインである可能性があります。食事内容の変化や運動のし過ぎが原因のときもあるため、思い当たることがないか確認も必要です。 

 

胃腸炎 

胃や腸で炎症がおこり、下痢や嘔吐をしてしまう病気です。四季がある日本では気温の変化が激しく、寒くて内蔵の機能低下により胃腸炎になってしまうこともあります。 

 

腫瘍 

犬の寿命が延びたことで、老犬が腫瘍になる可能性が上がっています。原因は判明しておらず、予防も難しいため、早期発見することが最善の対応策です。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。